任意整理と過払い金の請求

債務整理の中で唯一裁判をしないで借金整理ができる方法となるのが任意整理で、基本的にはお金の借り入れをしている金融機関と交渉をして借金返済がしやすい状態を作っていくようにすることが目的となります。

任意整理をするにあたって同時に考えるのが過払い金の請求についてですが、過払い金の請求というのはこれまでに借金をしたことがある人に発生している可能性のある払い過ぎたお金のことです。

自分にどれくらいの過払い金が発生しているかどうかと言うことを知る術としては弁護士や司法書士に調べてもらう方法が一般的ですが、法律の専門家であれば安心して依頼することができます。

過払い金が発生していることが分かっても場合によっては請求することができないことがあり、過去10年より前に借り入れをしているお金については過払い金の対象外となってくるので注意しないといけません。

過払い金の請求ができて手元にお金が戻ってきたのであればそのお金を使って借金返済問題を進めていくことはもちろん可能ですが、弁護士や司法書士に依頼して取り戻す場合はそこに一定の手数料がかかるので支払いをしないといけないという点に気を付けて計画を立てるようにしましょう。

債務整理&任意整理ランキング

任意整理のペナルティ

借金問題を抱えている場合に債務整理を検討しているのであれば任意整理から順に考えていくことになると思います。

自分でどの債務整理が適用されるのか分からないと思うので、通常は借金問題に対応している法律事務所に相談をして自分の借金の状況というのを説明してから任意整理をするかどうかについて判断していくことになります。

金融機関との交渉によって借金問題の解決を図っていくというのが任意整理の基本的なスタンスになっているので個人的にも交渉をして任意整理ができるように思うかもしれませんが、金融と法律の知識が必要になってくるので個人的な交渉にはリスクを伴います。

中には弁護士や司法書士に頼むとなると費用がかかってくるのでそれが心配で二の足を踏むという人もいるかもしれませんが、かかる費用については分割などの相談に応じてもらうことができるので安心して依頼することはできます。

任意整理をすることによるペナルティとしてあるのがブラックリストの名簿入りですが、これによって新しくクレジットカードを作ることが出来ない事やキャッシングの利用をすることができなくなってしまいます。

ただし、それに伴って住宅が没収されるようなことはないので自己破産などに比べるとかなり受けるペナルティは小さくなっています。

任意整理が適用されないケース

私が借金返済において困ったことは転職をするにあたって収入が大幅に減ってしまったことで、これまでは難なく借金の返済をすることができていたのに借金の返済が急にきつくなってしまったことです。

お金を借りた当初というのは転職する気持ちもなく、その時の収入においては特に返済における負担についても想定される範囲ではなかったので借金問題でここまで頭を悩ませることになるとは思いませんでした。

そこで考えたのが任意整理をして借金整理をしていくことですが、債務整理の中でも比較的負担の少ない借金整理になっているので最初に考えるのであればやはり任意整理が妥当ではないかと思いました。

任意整理でそのまま借金整理ができると思っていたのに実際は任意整理をしても借金問題の解決を図ることがむずかしいと判断されたことによって任意整理の適用がむずかしいと判断されて個人再生による借金整理が必要になりました。

もっと早くに借金整理について向き合って手続きをしていれば任意整理で借金整理ができていたのだと思います。

このように借金問題というのはできるだけ早く取り組んでいく方が傷は少なくて済むと実感したので後から考えるのではなく今すぐに考えて対策していくことをおすすめします。